鍋島シェスト 観光案内
鍋島シェスト
鍋島シェスト
トップページ
キャンペーン情報
ホテル設備
ご利用料金
交通・MAP
お食事・宿泊プラン
観光案内
ご予約受付
お問い合せ
鍋島シェスト
鍋島シェスト
イメージ画像
鍋島シェスト



≪PR≫
ソフィール
林光太郎
石鹸下関
空手 下関
下関オークション代行
冷機サービス 下関
アサイー
下関 コンプレックス
日本空手道会
ゾラ
下関 有限会社加藤産業
下関 フェイシャルエステ
中川商店
断熱塗料
冷機サービス
下関 産業廃棄物
鍋島シェスト 佐賀のイベント 鍋島シェスト 鍋島シェスト
イベントカレンダー

<< 2017年10月 >>
日付曜日イベント
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

ご予約はコチラから
鍋島シェスト 観光スポット 鍋島シェスト 鍋島シェスト

周辺施設

大隈重信旧宅

早稲田大学の創始者として名高い大隈重信の生家です。武家屋敷の面影を残す貴重な建物です。邸内には、写真・資料・遺品を展示する記念館があります。

反射炉跡

鍋島藩は、嘉永3年日本で最初の鉄製の大砲反射炉を築きました。

現在の佐賀大学は、2003年に佐賀大学と佐賀医科大学とが統合してできた国立大学である。
医学部、文化教育学部、経済学部、理工学部、農学部という
5つの学部から成り立っています。

佐賀県立美術館

1983年、に県政100年を記念して開館。近・現代も絵画、彫刻、工芸などの資料を収集・展示しています。

佐賀県立博物館

1970年、旧佐賀城三の丸跡に開館。佐賀の歴史を知るには欠かせない場所です。

佐賀市歴史民俗館

長崎街道沿いで城下町の風情を伝える歴史・文化のスポットです。江戸の旧牛島家、明治期の旧古賀家、旧三省銀行、大正期の旧古賀銀行、旧福田家の5棟から成り随所に当時の建築技術の粋を垣間見る事が出来ます。

佐賀城跡

鍋島藩36万石の居城跡です。再度にわたる火災と佐賀の役によって焼失し、現在は鯱の門と続櫓が国の重要文化財として残っています。栄城、亀甲城、葉隠城、沈み城などの呼び名もあります。

吉野ヶ里遺跡

弥生時代最大級の環濠集落の遺跡。「魏志倭人伝」の中の邪馬台国ではないかと注目されています。




おすすめの食

ビジネスホテル鍋島シェスト周辺の飲食店です。
佐賀県佐賀市鍋島3丁目3−15−103
0952-30-3904
くら蔵

ビジネスホテル鍋島シェスト周辺の飲食店です。
佐賀県佐賀市鍋島2丁目1−4
0952-31-8131
達磨・炉ばた焼

ビジネスホテル鍋島シェスト周辺の飲食店です。
佐賀県佐賀市鍋島3丁目5−5−2F
0952-33-0708
華かぶき

ビジネスホテル鍋島シェスト周辺の飲食店です。
佐賀県佐賀市鍋島4丁目6−3
0952-31-7262
ペスカトーラ医大前店

ビジネスホテル鍋島シェスト周辺の飲食店です。
佐賀県佐賀市鍋島6丁目1−9−107
0952-30-9323
山鶏わらく

ビジネスホテル鍋島シェスト周辺の飲食店です。
佐賀県佐賀市鍋島3丁目4−4
0952-33-1474
よか楼

ビジネスホテル鍋島シェスト周辺の飲食店です。
佐賀県佐賀市鍋島3丁目1−28
0952-31-4163
魯山




お土産

逸口香

古来伝統の味を引きついだ元祖逸口香
嘉永年間の頃、唐の国(中国)より佐賀と長崎に伝えられ、鍋島藩の武家や町家の上流家庭でお茶うけの菓子として親しまれた逸口香。

丸ボーロ

砂糖と蜂蜜、小麦粉と卵のみで作られた硬くなく・柔らかくなくといった独特のもっちりとした食感の幅広く知られている人気のお菓子です。

ノンキー

製飴の工法は豊臣秀吉が朝鮮より持ち帰ったものとされており、当時は煮詰めた飴を冷却し、「のみ」のようなもので手頃に打ち切り食していたものです。
「のみ切」がなまって現在の「ノンキー」と呼ばれるようになったといわれております。

肥前ビードロ

肥前びーどろ<佐賀ガラス>は鍋島藩十代藩主鍋島直正公(閑叟公)が、嘉永年間、多布施川のほとりに精煉方─今でいう理化学研究所を設置したことに始まります。精煉方には、当時では珍しいガラス窯が築かれて、化学実験のためのビーカーやフラスコが作られ、ついで宙吹きガラス特有のやわらかな味わいを生かした食器類やランプなどが製造されました。 百年を越える伝統の技は、びーどろ吹きの名とともに、そのまま現代に息づいています。

有田焼

磁器の創成は、佐賀鍋島藩主直茂公が征韓の役の帰途、連れ帰られた朝鮮人陶工・李参平が、有田で苦心試焼の結果初めて白磁器の製作に成功したのが、我が国初めての磁器であり、元和2年1616年と伝えられています。
 その後、海外に輸出され、「IMARI」と呼ばれた有田焼は、ヨーロッパはおろかトルコ・イスラムの王侯にまで珍重され、純金と同じ価値で取引された言われます。なかでもヨーロッパの貴族には熱狂的なコレクターが多く、領国で有田焼にならった磁器を開発させたザクセン侯国のアウグスト強王は、十数個の磁器と兵士数十人を交換したという伝説まで残っています。




主なイベント・行事

佐賀インターナショナル・バルーンフェスタ

毎年1回(11月下旬)、世界各国からバルーン愛好家たちが集まる、日本最大規模の国際的イベントです。




ご予約はコチラから
BUSINESS HOTEL NABESHIMA SEST
Copyright (C) 2005 NABESHIMA SEST. All Rights Reserved.